読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pockestrap

Web Programmer's memo

Bacon Cannon のアーキテクチャ

先日、Bacon Cannon というアプリケーションをリリースしました。

bacon-cannon.herokuapp.com

一言で説明すると、Ruby のオンラインパーサーです。アプリケーションについては以下の記事をご覧ください。

pocke.hatenablog.com

この記事では、Bacon Cannon のアーキテクチャについて解説します。 尚、ソースコードGitHub で公開されているので合わせてご覧ください。

使用技術

Bacon Cannon では以下の技術を使用しています。

言語

Ruby 2.4.1

アプリケーションフレームワーク

ライブラリ

PaaS

Heroku

f:id:Pocke:20170410133320j:plain

図のように、Bacon Cannon 自体のアプリケーションと Ripper を使用したパースを行う部分はアプリケーション単位で分離されています。 また、全てのアプリケーションは Heroku 上に構築されています。

Heroku 採用理由

Heroku を採用した最も大きな理由は、複数の Ruby のバージョンで Ripper を扱うためには、複数の Ruby のバージョンでアプリケーションを動かす必要があったからです。
例えば Ruby 2.3 と Ruby 2.4 両方でRipper.sexp(code)を実行したい場合、Ruby 2.3 と Ruby 2.4 両方のインタプリタを用意する必要があります。
そのため、単純に一つの Ruby インタプリタだけを用意していては要件を満たすことが不可能です。

これに対応するためにはいくつかの方法が考えられます。

ですが、これらの方法を取るにはインフラや Dockerfile のメンテナンスが必要になります。

そのため、今回は Ruby インタプリタ毎に Heroku 上にアプリケーションを作成するようにしました。

複数バージョンの Ruby を使う方法はこちらの記事にまとめましたのでご覧下さい。

pocke.hatenablog.com

Puma

前述の通り、Ripper によるパースはアプリケーションが分かれています。
そして、この Ripper のパース結果を返す API サーバーは Puma 上に実装されています。

要件として、

  • Ruby 1.9.3 ~ 2.4.1 の各バージョンで動く
  • Heroku で動く
  • Ripper.sexp(code) の結果を返せればいい(小さくていい)

があります。 そのため、Rails などのフレームワークは特には採用せず、Puma を採用しています。

また、Heroku で Puma を使用する為に puma/puma-heroku を使用しています。

フロントエンド

触ってみたいという理由だけで Webpacker と React を採用しています。
明確な利点があっての採用ではありません。

なお、特になにも考えずに Webpacker を使用して Heroku にデプロイ出来て気分が良いです。

終わりに

以上が Bacon Cannon のアーキテクチャ紹介になります。
Bacon Cannon は GitHub で公開しているため、気になるところがありましたら直接ご覧ください。 また、Pull Request もお待ちしております。