読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pockestrap

Web Programmer's memo

x240にArch Linuxをインストール

Linux

x240届きました。わいわい。

というわけでArch Linuxのインストールです。

SSD に換装

お金がなくてHDDモデルを買ったので、SSDに換装します。
大体 ThinkPad X240のHDDをSSDに換装する(写真つき) -- ぺけみさお を見ていたらうまく行きました。
SATAケーブルを取り外すのが結構力が必要で怖かったぐらいかな。
ちなみに換装したHDDは シー・エフ・デー販売 TOSHIBA製SSD採用 2.5inch 内蔵型 SATA6Gbps 256GB CSSD-S6T256NHG5Q です。2万ぐらい。

ArchInstallBattle

いよいよです。

BIOS の設定

とりあえず、Secure boot を無効にしておきます。
Security -> Secure BOot -> Secure BootDisabled にします。
また、USBメモリからArch Linuxをブートできなかったため、Startup -> UEFI/Legacy BootBoth にしました。

Install

基本的に [https://wiki.archlinux.org/index.php/Beginners'Guide(%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E):title] の通りにやれば問題ないと思います。 一応自分の備忘録としても手順を書いておきますが、参考までに。
プロンプトを#じゃなくて$にしてるけど気にしないで下さい。#だとコメントになるから…。

ネットワークの接続

無線LANを使います。最近のArchのインストールイメージってwifi-menu使えるのね、神。

$ wifi-menu
$ ping google.com

sshdの起動

別のPCからsshでインストールしたいので。

$ passwd    #パスワードを設定
$ systemctl start sshd
$ ifconfig  # ip を確認

ファイルシステム

パーティションを切ります。

/ /boot /home
35G 100M 残り
sda2 sda1 sda3

ディスクは/dev/sdaとします。

$ fdisk /dev/sda
$ mkfs.ext4 /dev/sda1
$ mkfs.ext4 /dev/sda2
$ mkfs.ext4 /dev/sda3
$ mount /dev/sda2 /mnt
$ mkdir /mnt/boot
$ mdkir /mnt/home
$ mount /dev/sda1 /mnt/boot
$ mount /dev/sda3 /mnt/home

mirrorlist の選択

適当にJapanのを一番上に

$ vi /etc/pacman.d/mirrorlist

ベースシステムのインストール

(回線速度が爆速でなければ)トイレタイムです。

$ pacstrap /mnt base base-devel vim zsh

genfstab

神ツール

$ genfstab -U -p /mnt >> /mnt/etc/fstab
$ vi /mnt/etc/fstab

chroot

$ arch-chroot /mnt /bin/zsh

locale とかその他色々

ja_JP.UTF8en_US.UTF8あたりのコメントを解除

$ vim /etc/locale.gen
$ locale-gen
$ echo 'LANG=en_US.UTF-8' > /etc/locale.conf
$ ln -s /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime
$ hwclock --systohc --utc
$ echo x240 > /etc/hostname

ネットワーク

再起動してから設定はする。とりあえずパッケージを入れるだけ。

$ pacman -S dialog iw wpa_supplicant

pacman.conf

multilibをコメントアウト

$ vim /etc/pacman.conf
$ pacman -Sy

root passwod

$ passwd

grub

$ pacman -S grub
$ grub-install --recheck /dev/sda
$ grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg

exit

$ exit
$ umount -R /mnt
$ shutdown -h now

USBメモリを抜いて起動し直す。

インストール後の設定

ネット

$ wifi-menu
$ ping google.com

一般ユーザーの作成

$ useradd -m -g users -s /bin/bash pocke
$ passwd pocke
$ gpasswd -a pocke wheel
$ visudo

#%wheel ALL=(ALL) ALL行のコメントを解除

yaorut

$ pacman -S wget
$ wget https://aur.archlinux.org/packages/pa/package-query/package-query.tar.gz
$ wget https://aur.archlinux.org/packages/ya/yaourt/yaourt.tar.gz
$ tar xvf package-query.tar.gz
$ tar xvf yaourt.tar.gz
$ cd package-query
$ makepkg -s --asroot
$ pacman -U *pkg.tar.xz
$ cd ../yaourt。
$ makepkg -s --asroot
$ pacman -U *pkg.tar.xz

記事書くのめんどくなったから以上。

2014/02/02追記
x240 に Arch Linux をインストールして音が出るようにした。 - pockestrap